障がいも十人十色。毎回、発見、成長していく柔道に全員はまっています!

練習予定

第二・第四木曜日 19:00~ 桜丘高校 桜武館にて

コーチ紹介

河合 孝

先生は豊橋市の桜丘高校の教師であり柔道部の先生です。
そうあの女子柔道63キロ級金メダリスト谷本歩実さんの恩師です。

2007年6月スウェーデンから来日した武道関係者から障がい者武道教室の試みを体験させてもらえる機会がありました。
知的障碍者の会”手をつなぐ育成会”の皆さんと私も体験させていただきました。
その体験会にこの近辺の武道関係者も見学に来ていました。

桜丘高校の石田先生がうちでやりましょうと言ってくださり、月に2回の障がい者柔道部が始まりました。河合先生は知的障碍者のことに詳しいわけではありませんでしたが、お母さんたちの関節が弱いとか体力がないといった不安に感じていることを聞き、本人たちの体の動きやできることに合わせた練習方法を考えてくだいました。
先生は障がいの種類より本人たちの性格や得意なことを見ています。
コミュニケーションをうまくとれない子も、みんな先生のことが大好きで先生に教えてもらう時が一番うれしそうです。 先生は桜丘の高校生たちにも指導の手伝いをさせ、
”生徒にもいろんな人たちとかかわってほしい。必ず今後の人生にもいきてくるから”
と言っています。

初めは戸惑っている生徒が相手の力に合わせて練習相手をしながら、顔つきも変わってくるんです。 見ていてびっくりするくらいたのもしくなっています。 先生は柔道を通して参加しているみんなの世界を広げてくださっていると、いつも感謝しています。
河合先生いつもありがとうございます。
これからもよろしくお願いします 。

略歴

昭和55年3月 日本体育大学体育学部卒業 柔道整復師免許取得
昭和55年4月 愛知県私立桜丘学園奉職
平成16年9月 文部科学大臣顕彰受賞
         (アテネオリンピック柔道、谷本選手の指導者)
平成20年4月 東三河柔道協会 豊橋柔道協会 理事長就任
平成20年4月 NPO法人愛知国際柔道自然塾 理事長就任
平成24年4月 東三河柔道協会会長
平成24年4月 豊橋柔道協会会長

活動動画【練習の様子】

障がい者柔道部の中村裕哉君

中村裕哉君は自閉症の19歳の男子です。
時間に几帳面なまじめな人柄です。
今は豊橋市内のスーパーで商品出しの仕事をしていますが、
いろいろな商品の場所を正確におぼえているので頼りにされています。
柔道部の中では走るのが速く動きが俊敏なので、
先生にとても期待されています

桜丘高校柔道部のみなさんと

桜丘高校柔道部の生徒さんたちがいつも練習相手をしてくれます。
このときは高校2年生の女子2名が参加してくれました。
相手のレベルに合わせて練習方法を工夫し、
技のかけ方・受け方を教えてくれるので、素直に吸収できます

活動写真

ページ最上部へ