南阿蘇国際研修センター(高濱自然塾)
 

平野時男先生の20年追悼式

フランス、ブルゴーニュにて

 高濱師範は2014年7月17日~23日の7日間、拓殖大学時代の恩師である平野時男先生の20年追悼式のためにフランスのブルゴーニュへ行かれた。
 平野先生は兵庫県淡路島で生まれで、京都の平安中学時代は武道専門学校教授である福島清三郎の塾生として全国制覇した。その後、拓殖大学師範の牛島辰熊先生に師事し牛島塾での生活をし、そこでも全国制覇を成し遂げた。また19歳の頃に戦前の講道館紅白試合の中で4段の強者15人を全て一本で破り抜群5段に昇段されている。
 戦後はヨーロッパに渡られ多くの弟子を育て上げられた。追悼式には70~80歳のヨーロッパの教え子達が50名も集まり盛大に開催されました。
 今回追討式に参加され平野先生が偉大な先生であったことを改めて実感した。先生の指導者としての結果が追悼式にも現れていた。この様な式に参加できたことを幸せに思うと共に、文化の違いや柔道の取り組みなどの違いに対しても強く感銘を受けた。高濱師範は、今回のフランスで得られたことを日本に帰って子供たちに伝えていくことが、平野先生から渡された指導者としてのバトンを引き継ぎ、次世代へと繋げていくことが使命であると話された。

                                             

ページ最上部へ