南阿蘇国際研修センター(高濱自然塾)
 

2015 夏季・秋季指導関連

ありがとうございました。

投稿者:窪田 投稿日:2015年 7月23日(木)

昨日、弥富市の弥富中学校で行った、黎明高校、弥富中学校、七宝中学校の合同練習にて高濱先生にご指導を頂きました。
お話の内容は、柔道の心と正しい打ち込みの方法!

中学1年生の初心者も参加させていただいた練習だったので、直接ご指導をしていただけたことはこれから柔道をやっていく生徒たちのとても良い経験になったと思います。ありがとうございました。

また、私たち指導者も、お話を聞きながら自分たちの指導を考えなおす良い機会となりました。先生の教えを守り、素晴らしい選手を育成していけるよう日々、勉強をしていこうと思います。

高濱先生応援ありがとうございました。

投稿者:荒牧  久 投稿日:2015年 7月28日(火)

7月25日から26日の2日間、阿蘇の小国町において、熊本県中体連柔道競技が開催されました。その会場に毎日多忙な日々を送っておられる高濱先生が高森中学校柔道部のために応援に駆けつけていただきました。カナダから帰国され、その足で福岡の金鷲旗に母校鎮西高校の応援に行かれ、その疲労も癒えぬまま阿蘇の小国まで来られました。初日の団体は、先生の応援むなしく予選敗退でしたが、先生の母校である鎮西高校の中学部が見事、団体優勝を飾りました。2日目は、個人戦があり、3年生の1人が3位に入賞することが出来ました。残りの3人は、1回戦で負けてしまいました。わざわざ応援に来ていただいた先生には大変申し訳ない成績でしたが、今後とも高森中学校柔道部並びに高森少年柔道クラブをよろしくお願いします。

ご指導ありがとうございました

投稿者:南知多町柔道会 家田 投稿日:2015年 8月 8日(土)

暑い中、はるばる南知多までお越しいただきありがとうございました。
今回、近隣の武豊柔道会の指導者の方にも、参加していただきました。
今回のご指導の中で、高濱師範より、カナダでは、まず習うスポーツは、「柔道」であるとお話がありました。なぜ柔道なのか。心身を鍛えるために必要なことがたくさん備わっているからです。まさしく、嘉納治五郎師範の教えである「精力善用」「自他共栄」だなと感銘しました。
主に打ち込みの練習方法をご指導いただきました。各技のポイントになる所を的確に行い、何百回、何千回と繰り返し行うことで、怪我をしない技を身につけることが大切である。」と言われました。
私が、感動した言葉がありました。「今は、たくさん負けてもいいから、辛抱強く稽古に励みなさい。」それはなぜかというと、「今のがんばりは、中学生、高校生と大きくなるにつれて、必ず勝てるようになるし、柔道がもっと楽しくなるからだ。」といわれました。
最後に、指導者、教室生及びその保護者、武豊柔道会指導者全員が、高濱師範の熱心な指導を体感することで、柔道の楽しさを伝えていきたいと思いました。
また、近くにお越しになられた時は、ご指導のほど、よろしくお願い致します。

   

応援ありがとうございました。

投稿者:満洋丸クラブ 安井 投稿日:2015年 8月30日(日)

8月29日ベイコム体育館にて全日本実業個人選手権大会が開催されました。
私は満足のいく結果が出せませんでした。
試合後、高濱先生の方から『また来年頑張れ』と励ましの言葉を頂き、
気持ちを作り直して明日から柔道に取り組んでいきたいと思います。
高濱先生、ありがとうございました。
今後ともご指導のほどよろしくお願いします。

高濱先生ご指導ありがとうございました。

投稿者:武豊柔道教室 鈴木満也 投稿日:2015年 9月11日(金)

お忙しい中、武豊までお越し頂き指導者一同たいへん感謝しております。
南知多 山下先生、家田先生のおかげもあり大変貴重な時間を過ごさせて頂きました。
わざわざ高濱師範に来て頂いたにも関わらず、仕事とはいえ遅れて参加したことをお詫び申し上げます。
子供たちも指導者も今後の励みとなります。
又、形の練習まで見て頂きありがとうございました。
これを機に、今後ともよろしくお願いします。

高濱先生ご指導ありがとうございました

投稿者:武豊柔道教室 内田 投稿日:2015年 9月12日(土)

お忙し中、武豊柔道教室に来ていただきありがとうございました。
今回、南知多の山下先生、家田先生にご協力いただいたお陰で高濱先生の講習会が実現しました。
子供達、保護者、指導者に貴重なお話をたくさんしていただきました。『柔道を通して、勝つ事よりも強い心を持つ事が大事』という高濱先生の考えに共感しました。
後半は数名の子供達の打ち込みを受けていただき、打ち込みのポイント、打ち込みを受ける側のポイントを教えていただきました。段階を踏んだ打ち込み方法やゆっくりで良いから、投げる方向にしっかり崩してから技に入る、元の位置にきちんと戻る・・・意識して練習しようと思いました。
子供達に『黒帯を取るまで頑張って柔道続けよう!』と励ましの言葉をいただきました。
6月の東アジア大会で投の形の演武をした萩田・石原ペアには『上手だった』とお褒めの言葉もいただきました。10月の全国大会に向けて練習頑張っています。『頑張れ!』と応援ありがとうございました。
子供達に柔道を好きになって続けてもらえるように、指導者一同頑張ろうと思います。
今後ともご指導よろしくお願い致します。

 

日整全国少年柔道形競技会 優勝しました。

投稿者:武豊少年柔道教室 鈴木 投稿日:2015年10月13日(火)

高濱先生にお声を掛けて頂きました武豊少年柔道教室の萩田 石原組が全国少年柔道形競技会で優勝いたしました。 先生にアジア大会の折形披露を気遣って頂き、本人たちも良い経験をさせていただいた上に武豊までお越しいただいた際にもお声がけいただいたおかげと思っております。 先生にはお礼申し上げるとともにご報告させていただきます。

 

高濱師範の後輩の活躍

投稿者:荒牧  久 投稿日:2015年10月16日(金)

9月6日、高濱師範の後輩である熊本県多良木町柔道協会長の池田先生が主催する多良木町柔道大会が開催されました。大会では、世界のメダリスト、秋本啓之選手・小野卓志選手・谷本歩実選手による柔道教室も行われ、大勢の小中学生が貴重な体験をした実のある大会であったと思います。なかでも、秋本選手の父親でもあられる勝則先生は、地元で、将来、秋本選手に続く少年達の指導をされておられます。このように高濱師範の後輩の方々が柔道を通してそれぞれに活躍されておられます。すばらしい。!!

   

高濱先生が帰熊、指導されました。

投稿者:荒牧  久 投稿日:2015年10月16日(金)

高濱先生の師であられる船山辰幸先生の生誕100周年を記念して、祝う会を開催するため、今回帰熊されました。先生が記念のタオルを作成され、船山先生を鎮西OBの方々とお祝いされました。また、記念のタオルを高森少年柔道クラブにも頂き、早速道場にかざらさせていただきました。その際、生徒に寝技を中心に指導されました。寝技の重要性や基本、絞め技から抑え込みへの移行、抑え方や逃げ方など懇切丁寧にご指導いただき、子供達も大変勉強になったことと思います。先生は、高度な技にこだわらず、基本の重要性を言われ、私達指導者も今後の指導に生かして行きたいと思います。全日本学生の審判をされ疲れも癒えぬ中、ご指導いただきありがとうございました。最後に、高森の柔道関係者一同は、石川選手・片桐選手の講道館杯優勝を心から祈ってます。

     

ページ最上部へ